このエントリーをはてなブックマークに追加 

脱毛器ランキング180週連続1位!真似できない実績「ケノン」

ハイジニーナをやってる割合

ハイジニーナをやってる割合

 

美容クリニックでの電気針やレーザーによる永久脱毛、脱毛サロンもしくは家庭用脱毛器によるフラッシュ脱毛では、毛根深部にある毛母細胞を熱凝固破壊して毛根丸ごとするりと永久除去できるという脱毛効果の期待ができるのです。そのため、ムダ毛自己処理頻度が頻繁にあるような部位では永久脱毛したほうが、効率的で理にかなっていると言えます。肌が常に露出する場所では自己処理の仕上がりを気にしなくてもいいという自信が出てきますし、異性の視線も当然気にならなくなって自信を持って見せれるようになります。しかし、これはあくまで露出する場所の話です。下着で覆われているハイジニーナエリアとなると、日本人女性ではおろそかになっている面もあります。ハイジニーナに興味はあるけれども、やっている割合がどのくらいかわからずに気になっていながら、なかなか永久脱毛に踏み出せない女性も多いことでしょう。

 

ハイジニーナエリアは常時下着が覆ってしまっているため、通気性が悪いの当然ですし蒸れやすいという特徴もあります。しかも、生理機能と排泄機能も備わったエリアになるため、不潔な状態になりやすいエリアです。このようなハイジニーナエリアを永久脱毛してしまえば、パンツの中も清潔になりますし、パンツやビキニからムダ毛が飛び出すことも防げるため、見た目的にも多大なメリットを受けることができます。

 

あるアンケートデータを例に出しますが、ハイジニーナエリアのムダ毛を処理無し自然状態にしている日本人の女性は40%の割合になったそうです。これは60%の割合で日本人女性は、ハイジニーナエリアを自己処理をしていることになります。つまり、除毛器具や家庭用脱毛器などを使い何らかのお手入れしている割合が6割になるのですが、アメリカだと95%くらいが自己処理をやっていて60%が完全なハイジニーナスタイルです。つまり、完全ツルピカスタイルです。しかし、日本人の女性ではまだまだ完全ハイジニーナスタイルは抵抗を感じるようですね。その割合は1割未満という結果のようです。まだレアな存在なようですね。ですが、若い女性ではハイジニーナスタイルにする率は確実に増加傾向にあります。やはり、清潔感というプラス面を考えたら、いずれ普及するのは当然予想できますよね。しかも、日本人は欧米と同じスタイルにするのが、大好きな民族ですからね。

 

ハイジニーナエリアと言っても、場所は大きく3つの分類ができます。正面三角地帯のVライン、ちょうど両脚の間である女性器あたりのIライン、3つ目は後ろの部分すなわち肛門がある場所のOラインです。もしもこの3つすべてをいきなりハイジニーナスタイルにするのに抵抗があるなら、まずはIとOラインの2つから始めることを勧めます。ここは温泉とかでも見られないですからね。ちなみに使う器具はケノンがいいですよ。

 

フラッシュ脱毛器ケノンでハイジニーナスタイルになるならこちら↓



脱毛器

人気沸騰中!!


ハイジニーナをやってる割合
ハイジニーナをやってる割合




 このエントリーをはてなブックマークに追加