ケノン ムダ毛処理

いろいろあるムダ毛処理の方法を知っておきましょう!

いろいろあるムダ毛処理の方法について記事一覧

針脱毛とは、ニードルと呼ばれている細い針を使いこれを皮膚に刺してから電流を流して、ムダ毛を脱毛する方法のことです。施術する過程において針を毛穴に刺さなければならないため、医療機関だけしか施術してはいけないことになっています。この針を刺すという作業なんですがムダ毛を1本ずつ順番に行っていくので、施術にかかる時間はとても長くなってきます。そして、施術者にもそれなりのスキルが必要になってきます。現在では...

ソランシアリムーバークリームは楽天の除毛クリーム部門や除毛剤部門など複数部門において、1位獲得経験を持った除毛剤ですね。剛毛除毛クリームと謳っているので、剛毛への効果バッチリと言っても良いでしょう。そんなソランシアリムーバークリームとケノンを比較していきます。まずは、値段ですがソランシアリムーバークリームは2980円で、ケノンは69800円です。ソランシアリムーバークリームを安いと思ってしまいがち...

NULLリムーバークリームとは楽天ショッピングにおいて、除毛クリーム部門‐総合ランキング1位を獲得した除毛剤です。それ対して、ケノンは脱毛器ランキング1位です。このNULLリムーバークリームとケノンの比較をします。各部門それぞれの1位同士を比較なので、どんな違いがあるのか楽しみですね。除毛クリームとフラッシュ脱毛器では効果も全然違うので、どちらが優れているのかここではっきりさせましょう。まず、値段...

セシルマイアインバスリムーバーは、お風呂場で使用するための除毛剤です。このセシルマイアインバスリムーバーとケノンの効果を比較していきます。セシルマイアインバスリムーバーの除毛効果は超高速であり、たった1分という短時間で除毛ができてしまいます。これは驚異的なスピードですね。高速脱毛で有名なケノンでも、ここまでのスピードは出せません。1箇所氷で冷やしてるだけでも20秒くらいは使ってしまうので、さすがに...

パイナップル豆乳ローションという有名な抑毛ローションをご存知でしょうか?鈴木ハーブ研究所の商品なんですが、これはカミソリや除毛クリームなど、ムダ毛処理の後に使うローションになります。このパイナップル豆乳ローションとケノンを比較していきます。まずはパイナップル豆乳ローションが、どんなものかよく理解しましょう。除毛クリームと勘違いされるかもしれませんが、これは除毛クリームではありません。除毛クリームは...

ヴィートは除毛・脱毛で、すごい有名なブランドですね。テレビCMもやっていますから、知っている人も多いでしょう。ここではヴィートシリーズの中のヴィートナチュラルズとケノンを比較していきます。ヴィートナチュラルズは除毛クリームで、ナチュラルというだけあって天然保湿成分を含んでいます。つまり、お肌に優しいってことですね。ケノンは光脱毛器です。除毛クリームとはまったく違う効果になります。除毛するだけのヴィ...

エピグレパパインソープは抑毛石鹸で、ヤフーショッピングでも人気になってますね。その使い方は泡立ててから体を洗うだけという、すごくシンプルです。毎日普通のせっけんで体を洗っているでしょうから、それをエピグレパパインソープに変えるだけでいいんです。このエピグレパパインソープとケノンを比較していきます。まず値段ですがエピグレパパインソープは1944円で、ケノンは69800円です。ケノンは光脱毛器ですから...

ミクロクリスタは今人気の除毛クリームです。正式名称は「ミクロクリスタスクラブインバスリムーバー」です。この医療用スクラブ除毛剤ミクロクリスタとケノンを比較していきます。ミクロクリスタの医療技術を使って作られた毛根吸着スクラブは、毛根ごとごっそりと除毛する効果が得られます。そのため、見た目の仕上がりも非常にキレイです。あくまで溶かすだけなので、継続使用が必要になります。また、質の悪い除毛クリームでは...

ラブリーゾーンヘアリムーバーは、大人のためのセクシー系除毛クリームなんです。ムダ毛を溶かすのはもちろんですが、男性の本能まで刺激してくれるフェロモン成分であるオスモフェリンを特別に配合しています。だから、セクシー系除毛クリームと謳っているんですね。ケノンのほうは光脱毛で、脱毛器業界でこの製品を知らぬ者はなしと言ってもいいくらいの脱毛器ですね。このラブリーゾーンヘアリムーバーとケノンを比較していきま...

ラベルポは除毛クリームで楽天市場で売られています。10分でツルスベ肌になれるというところが、アピールポイントなんですね。このラベルポとケノンを比較していきます。光脱毛器ケノンもすごい器具なので、ラベルポとよく比べましょう。まず値段ですがラベルポは2520円で、ケノンが69800円です。30倍近い差がありますが、ラベルポは1本分の値段であることを忘れないようにしましょう。ラベルポの内容量は130グラ...

プレミアムリムーバーミルクは除毛剤です。美容成分も配合された除毛クリームですが、ごく普通の除毛クリームといったところですね。このプレミアムリムーバーミルクとケノンを比較していきます。ケノン光脱毛器とは、除毛と脱毛という手入れの効果の違いもあります。プレミアムリムーバーミルクだと除毛剤を塗ってから5分放置です。特に早くもなく遅くも無いですね。一般的な除毛クリームと同じですね。除毛クリームの中には、1...

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムは除毛剤です。楽天ランキングでもデイリーとリアルタイムで1位取ってますね。使い方はディー・レジーナ・エピ・プレミアムを塗って10分放置するだけです。除毛剤としてごく普通の使い方ですね。スピード面でも目立つところはないですね。他社の風呂用1分と比べたら、見劣りします。そして、ケノンは光脱毛器でして、このディー・レジーナ・エピ・プレミアムとケノンを比較していきます。値...

ラグジュアリーブラックエピは除毛剤です。そして、入浴時に使えるバスタイムリムーバー仕様になっています。そのため、処理時間も短時間で済みます。このラグジュアリーブラックエピとケノンを比較していきます。ケノンはラグジュアリーブラックエピみたいな除毛剤ではありません。光脱毛器です。そのため、作用は全然異なります。ラグジュアリーブラックエピは溶かすだけで、毛は再び生えます。ケノンは脱毛です。毛母に作用し生...

ジェイビージェントルリムーバーとケノンを比較していきます。ジェイビーリムーバーのフォーメンは除毛抑毛剤です。男性の剛毛に効くためフォーメンになっています。これは抑毛効果がかなりすごいようですが、ケノン光脱毛の毛根破壊力もすごいので、どちらが良いのかを比べていきましょう。値段はジェイビージェントルリムーバーが3078円で、ケノンが69800円です。ジェイビージェントルリムーバーは除毛クリームでは、高...

エピラットは有名な除毛クリームですね。かなりの知名度があり、女性ならたいてい聞いたことがある名前でしょう。エピラットには種類があり、スピーディーや敏感肌用、トリートメントなどがあります。その中でもここではエピラット敏感肌用とケノンを比較していきます。エピラット敏感肌用は1本あたりが安く買われやすい傾向ですが、ずっと買い続けるとどうなるか計算したほうがいいでしょう。まず値段はエピラット敏感肌用が93...

スキンヴェリテエピレスミルクはスプレータイプの除毛クリームになります。このスキンヴェリテエピレスミルクとケノンを比較していきます。スプレータイプを採用したことで、手で除毛クリームに触れなくてよくなるのがメリットなんでしょうが、スプレーをプッシュする作業が増えて逆にめんどうではありますね。値段はスキンヴェリテエピレスミルクが2980円で、ケノンが69800円です。スキンヴェリテエピレスミルクの値段は...

ハダコロキューティーリムーバーはシュッと吹き付ける除毛クリームです。特殊スプレーボトルというタイプを採用しています。このハダコロキューティーリムーバーとケノンを比較していきます。シュッと一吹きの最短5分で、除毛できるクリームのようですね。スプレータイプ採用は手を汚さずにできるのが良いというコンセプトですが、あまり広い表面積のお肌には向きませんね。なぜなら、シュッシュッと吹きつけまくらないといけませ...

ツルクイーンズ除毛剤とケノンを比較していきます。ツルクイーンズ除毛剤と言ったら、けっこういろいろなところで売っています。楽天市場、東急ハンズなど様々なところで買えます。対する光脱毛器ケノンはネット販売のみです。ツルクイーンズは宣伝に力を入れているようですね。除毛クリームであるツルクイーンズとケノンでは、値段や効果も違うのでしっかりと比べましょう。まず値段はツルクイーンズ1512円で、ケノンは698...

ノン!レスヘアリムーバーとケノンを比較していきます。ノン!レスヘアリムーバーはスプレーを使った方式の除毛クリームになります。光脱毛方式のケノンと溶かす除毛とでは、かなり効能も違ってくるので詳細をしっかり比較していきましょう。まず値段はノン!レスヘアリムーバーが1060円で、ケノンが69800円です。ノン!レスヘアリムーバー1本との価格比較では、この価格差も当然の結果ですね。ただノン!レスヘアリムー...

エピサラとケノンを比較していきます。エピサラは除毛クリームなんですが、公式サイトなどネット通販だけで販売をしている少々マイナーな除毛クリームですね。対するケノンは知名度抜群の光脱毛器です。エピサラと同じくネット通販限定なんですが、その知名度は桁違いです。楽天年間売上1位の脱毛器部門の覇者です。エピサラは、リアルタイムランキングのみでしか1位を取っていません。実績が違いすぎます。値段はエピサラが29...

モーレスキンゼロリムーバーとケノンを比較していきます。モーレスキンゼロリムーバーは除毛クリームでありながら、毛乳頭に成分を届け働きを壊すというアピールをしています。除毛クリームで毛乳頭に影響する効果は、ほんと珍しいですね。毛乳頭を破壊できる脱毛法といったら電気針脱毛やフラッシュ脱毛・レーザーが該当します。そのため、除毛クリームであるモーレスキンゼロリムーバーの毛乳頭への効果は、未知数ですね。実際に...

レ・アンジュリムーバークリームとケノンを比較していきます。レ・アンジュリムーバークリームは除毛剤タイプのクリームです。塗って10分待つだけの単純な商品です。光脱毛ケノンとは全然タイプが違いますが、コスパ等きちんと比較しましょう。まず値段はレ・アンジュリムーバークリームは2376円(楽天価格)で、ケノンは69800円です。レ・アンジュリムーバークリームは1本150gの値段なので、少ないです。ツル肌を...

エピレックスとケノンを比較していきます。エピレックスは除毛クリームでありながら、抑毛効果までプラスされているのでちょっと良いですね。ケノンは光脱毛で当然抑毛効果もでます。根本的に脱毛してしまうので、ケノンは抑えるだけではなくもっと効果があるということです。ただし、完全な脱毛までにたくさんの施術を行うため、すぐに脱毛完了ではありません。最初のうちは毛が細く柔らかくなり、生えにくくなる抑毛の段階ですね...

エヌナノリムーバーとケノンを比較していきます。ムダ毛対策のエヌナノからなんと待望の除毛リムーバーが登場したんです!エヌナノリムーバーならば全身のムダ毛に薬剤を塗ってから、たったの5分で完了なんです!スネ毛も胸毛も腕毛にも使え、その他の気になってる部分の全身にもOKなんです!男性に多い太くて濃い剛毛までもスッキリできます!ですから、もうカミソリ、毛抜きでの大変な処理は必要ないんです!塗って5分だけ待...

エピラシオンとケノンを比較していきます。エピラシオンは除毛剤です。しかし、なんとレーザー級永久脱毛ムースだと謳っています。いかにも怪しいキャッチフレーズですね。これがほんとだったら光脱毛のケノン以上の効果になります。ですが、眉唾モノですね。まず信じないほうが良いでしょう。値段はエピラシオンが2700円で、ケノンが69800円です。2700円でレーザー級永久脱毛ができるなんて、さすがに怪しすぎます。...

ジジスローグローとケノンを比較していきます。ジジスローグローは抑毛ローションです。除毛、脱毛後に使うと好ましいものですね。しかし、コスト面が悪いのでリピートしにくい商品ですね。ケノンは光脱毛器です。値段はジジスローグローが1480円で、ケノンが69800円です。脱毛と抑毛では効果も違うし、ジジスローグローだけでお手入れしていてはダメですね。1480円と言っても1本236mlの値段です。無くなればま...

ジェントルブラックエピは抑毛石鹸なんですが、4ヶ月で人気を博した商品だそうです。これを聞くとすごい抑毛石鹸なんだと思っていますが、口コミでは良い評価は少ないですね。ジェントルブラックエピで洗ったら、産毛に生え変わってしまうという夢のような石鹸なんですが、効果はイマイチ微妙なようですね。このジェントルブラックエピとケノンを比較していきます。ケノンは光脱毛なので、ジェントルブラックエピとは仕組みが違い...

ボンボンエピサボンとは、毎日の入浴時に使う抑毛ソープです。このボンボンエピサボンを単独で使用するという使い方もありますが、より効果を上げたいのであれば除毛や剃毛後に、プラスアルファとして使うのが理想的ですね。このボンボンエピサボンとケノンを比較していきます。ケノンは抑毛ソープではなく、光脱毛です。ムダ毛処理として優れており、比較対象としてぴったりです。まず値段はボンボンエピサボンが950円で、ケノ...

薬用メンズデピミルクプラスは除毛ミルクです。男性の剛毛専用に作られています。剛毛用というだけあって、その除毛力は強力であり効果も大きいです。このメンズデピミルクプラスとケノンを比較していきます。ケノン光脱毛器とは、毛の処理する仕組みは違います。薬用メンズデピミルクプラスの効果は除毛と抑毛になりますが、ケノンは脱毛です。抑毛成分で毛を抑えるのと、毛根破壊の効果で毛が生える仕組みそのものを無くす違いが...

スリンキータッチ除毛ミルクとケノンを比較していきます。スリンキータッチ除毛ミルクは、リベルタによって作られた除毛剤です。ケノンはエムロックの光脱毛器で互いの費用や効果を比べていきます。スリンキータッチ除毛ミルクはチューブ方式の除毛ミルクですね。製造国はスリンキータッチ除毛ミルクもケノンも日本製です。内容量はスリンキータッチ除毛ミルクが110mlになります。ケノンは光を出すだけなので、内容量は関係あ...

アンジェリカワックスというワックス脱毛が、楽天市場でそこそこの人気の商品になっているようですね。楽天週間ランキング(ボディケア部門)でも、1位を獲得したことがあるようです。このアンジェリカワックスとケノンで効果の比較をしていきます。ケノンは脱毛器部門年間1位のまさに、脱毛界の王者と呼んでもいい脱毛器ですね。このケノンに匹敵できるとは思えませんが、アンジェリカワックスにも優れた部分はあります。お互い...

NULLブラジリアンワックスは毛が太くて長い男性でも、使えるというブラジリアンワックスです。従来の一般的なブラジリアンワックスでは、女性を対象にしたものばかりで、男性の毛には十分な成果が得られないものでした。しかし、このNULLブラジリアンワックスは、男性の剛毛を想定して作られているので、メンズの方も安心して使えます。楽天リアルタイムランキングでも1位の獲得経験がある製品です。このNULLブラジリ...

moofeeはブラジリアンワックスです。無添加というこだわりを持っており、肌への優しさを重視しています。また、ワックス脱毛でありながら、アフターケア不要というメリットもあります。そして、ケノンは光脱毛器であり、肌にも優しい仕様となっています。このmoofeeとケノンを比較していきます。値段はmoofeeが3980円で、ケノンが69800円です。ワックス脱毛1個と脱毛器1台なんですから、このくらい価...

ブラビアンカシュガーワックスはワックス脱毛のことです。別名ブラジリアンワックスと言われるものです。ブラビアンカシュガーワックスは、水溶性ソフトシュガーワックスでして、女性の肌のようなデリケートな肌を想定して開発されました。このブラビアンカシュガーワックスとケノンを比較していきます。値段はブラビアンカシュガーワックスが3888円で、ケノンは69800円です。ブラビアンカシュガーワックスは、ワックス脱...

SURGIブラジリアンワックスは電子レンジで、温めてから使うワックス脱毛になります。価格も他のワックス脱毛と比べたら安めで売られていますね。このSURGIブラジリアンワックスとケノンを比較していきます。値段はSURGIブラジリアンワックスが1680円で、ケノンが69800円です。ケノンは光脱毛でSURGIブラジリアンワックスのワックス脱毛なので、差が出ますね。他メーカーのワックス脱毛では、3000...

ハニーブライズワックスとケノンを比較していきます。ミニフルが製造するハニーブライズワックスは、いわゆる通常のワックス脱毛ですね。ケノンは光脱毛と呼ばれる本格派脱毛道具で、その脱毛効果はハニーブライズワックスとは相違点がかなりあります。値段はハニーブライズワックスが1944円で、ケノンが69800円です。ハニーブライズワックス1個との比較なら、このくらい差は出ます。しかし、ハニーブライズワックスは継...

トゥルリーヌはチューブ型脱毛ワックスという、ちょっと珍しい容器のワックス脱毛ですね。チューブ型を採用したことで、見た目もオシャレに見えますし、使いやすそうなイメージはありますね。このトゥルリーヌはあの超有名芸能人のダレノガレ明美さんも使っているとして、紹介されているブラジリアンワックスです。あのダレノガレ明美さん愛用って聞いたら、ちょっと気になりますよね。そこでこのトゥルリーヌとケノンを比較してい...

エピラット脱毛ハニーゼリーとケノンを比較していきます。エピラット脱毛ハニーゼリーと聞いて、何に使うモノかわかる人は少ないですよね。エピラット脱毛ハニーゼリーはワックス脱毛です。しかも、チューブタイプになっているので、一見除毛クリームかと思いますね。エピラットと言ったら除毛クリームは脱色クリームが有名ですね。誰もが聞いたことある名前ですね。しかし、このワックス脱毛版のエピラットは、なかなか見かけませ...

ブレニオール脱毛ワックスシートは脱毛テープです。シートタイプのテープとなっています。シートだと一見簡単そうに見えるのですが、そうでもないようです。そこでブレニオール脱毛ワックスシートとケノンを比較します。値段はブレニオール脱毛ワックスシートが820円で、ケノンが69800円です。ブレニオールが安く見えますが、内容量を確認してみましょう。ブレニオールは18組36枚の脱毛シートが入っています。体用が1...

ムダ毛ジョリーはまったく新しい発想から生まれた、新常識のムダ毛処理です。なんと「すく」という誰も考えなかった新感覚のムダ毛処理法です。このムダ毛ジョリーとケノンを比較していきます。「すく」と「光脱毛器」では、まったく効果が違いますね。どんな違いがあるか知り、自分に合ったものを選択してください。今まではムダ毛はムダなものだからこそ、無いほうが良いという考えをする人がほとんどでした。そして、あったほう...

スムースアウェイは除毛パッドです。除毛パッドってあまり耳にしないのではないかと思われますが、このスムースアウェイのお手軽さは半端ではないですね。なんてったって擦るだけという驚異的な簡単さなんですから、除毛器具の1つとして覚えておきたい商品ですね。このスムースアウェイとケノンを比較していきます。ケノンは光脱毛器で2つともそれぞれメリットがあるため、違いを把握しましょう。値段はスムースアウェイが105...

エピレットテープココとケノンを比較していきます。コジットが作っているエピレットテープココは、脱毛テープになります。なんと貼って剥がすだけという、極めて単純な脱毛方法です。ケノンは光脱毛で、脱毛エステでもメインの方法で使われているものです。それを家庭で使えるのが「ケノン」です。いわゆる家庭用脱毛器ですね。エピレットテープココとは全然違う方法ですが、どちらのムダ毛処理が優れているか比べましょう。値段は...

パナソニック製のレディースシェーバーであるサラシェとケノンを比較していきます。サラシェは電動シェーバーだから、剃るという除毛効果になります。ケノンの効果は脱毛です。フラッシュが毛乳頭を除去していく効果になります。サラシェのような剃るだけでは、脱毛ではないので毎日の剃毛は欠かせません。毛乳頭除去のケノンなら生えないので、その後は処理不要です。これが脱毛と剃毛の違いですね。男性が毎日ひげ剃りをやるのと...

パナソニックフェリエボディ用とケノンを比較していきます。パナソニックフェリエボディ用は体向きの電動シェーバーです。フェイス用とは異なり、刃溝幅も広くなっています。ボディに生える太いムダ毛に対応しています。ビキニラインの陰毛まで肌にやさしく、しかもしっかり剃れます。まさに、ボディ専用シェーバーとなっています。また、肌を傷つけにくいように丸い刃先の安心設計になっているんです。切れ味も長持ちしてくれて、...

プチシェーブプリンセスとケノンを比較します。プチシェーブプリンセスは電動シェーバーです。可愛らしい見た目で、レディースにぴったりのシェーバーですね。ケノン光脱毛器とは、別にプチシェーブプリンセスも持っておきたいですね。光脱毛とシェーバーでは、機能・効果が違います。光脱毛は毛乳頭が狙いです。シェーバーは皮膚表面でのカット目的です。ムダ毛処理することは同じでも、何を狙ってるかがまったく違いますね。その...

脇毛の処理は女性にとって常識ですよね。脇毛が伸びているなんて女として恥ずかしいことですよね。ですから、世の女性達は日々脇毛のお手入れを欠かすことはありません。その処理方法も多岐に渡り人それぞれ自分に合った処理法を選んでいることでしょう。その中で除毛クリームという除毛方法を使っている女性もいます。脇毛を溶かしてしまうため、見た目はキレイになりますね。カミソリによるカットですと、どうしても切った脇毛が...

脇毛をワックス脱毛で処理することもできるんです。ワックス脱毛は脇毛を引っ張って剥がすため、どうしても痛みはでてしまいます。口コミなどでは、痛みをあまり感じなかったという書き込みを見ることはありますが、痛みに対する強さは個人差が大きいので痛みあるものだと思っておいたほうが良いでしょう。夏みたいにお肌を出す季節では脇毛処理も欠かせません。しかし、カミソリで剃るのはカミソリ負けになってしまったりで大変で...

男では胸毛が濃いケースも多いので、胸毛をきちんと剃るべきですよ。女性に質問してみると、不人気ダントツトップになるのが胸毛です。それほどまでに胸毛は、女性から嫌われています。ですから、胸毛男にだけはならないように気をつけましょう。胸毛男になんてなっていたら、モテない人生になってしまうかもしれません。アンケート結果が出ている以上、胸毛男の不利は統計的に証明されていると言えます。100パーセントの女性が...

うなじのお手入れと言ったら女性がよくやっているムダ毛処理だと思う人が多いようですが、実は男性にもうなじの毛は生えていて散髪のときに髪の毛といっしょに剃ってもらっているだけなんですよ。床屋や美容室で髪のカットをしてもらったことを思い出してみましょう。床屋ならバリカンでうなじから刈り上げたり、美容室ならば電動シェーバーをもってきてうなじの毛を剃ってくれます。このような経験は男性のほとんどがしているはず...

胸毛を除去したいからと言って、カミソリを使って剃ってしまうのはやめておいたほうがいいでしょう。なぜなら、カミソリで剃ってしまうとチクチクしてきますし、胸毛がさらに濃くなってしまうからやめるべきです。胸毛をなくしたいはずなのに逆に濃くなってしまうなんて悲惨だと思いませんか?ですから、胸毛をなくしたいのであれば、カミソリを使うのはやめましょう。カミソリは安くてすぐに剃れるから、選ぶ気持ちもわかりますが...

脱色希望者は絶対に読んでください!!陰毛を目立たなくさせようとして脱色するのは危険なのでやめましょう。腕や脚の体毛を目立たなくさせるために、脱色クリームを使うという方法はよく行われていますが、これを陰毛に使ってはいけません。陰毛を脱色しようと思ったら市販されている腕や脚用の脱色クリームを使って脱色するという方法になるでしょうが、この市販の脱色クリームは刺激がとても強い製品なのでお肌が弱い部分には使...

もみあげで顔の印象は激変する!!とにかく毛深くて、もみあげの範囲がとても広い人は脱色することで多少は目立たなくできるでしょう。毛深い人でもみあげの面積が広くて悩んでいる人には脱色も1つの方法ですよね。脱色クリームを塗って流すだけなので、とてもお手軽に処理できますよね。ただ黒よりは色が抜けた分目立たなくなるというだけで、毛自体は生えたままです。できることなら脱毛してしまい余分なもみあげは脱毛してしま...

もみあげがあまりにも濃いため脱毛まで考えてしまう人もいるでしょうが、もみあげはレーザー脱毛まで使うほどの相手ではないですね。光脱毛器「ケノン」で十分すぎるスペックです。まず一般の人ではレーザーと光脱毛の違いも碌にわからないでしょう。レーザーの特徴は狭い範囲を集中的に撃退するのに向いており、その脱毛力はかなり強力な部類になります。これほど強力なものの使用対象としては、男性のヒゲくらいだと思いますね。...

アンダーヘアを処理する方法として脱色を選ぶという人も何人かはいるかもしれませんね。アンダーヘアを脱色した場合にどんな効果を期待するかというと、陰毛の色を抜くことで薄くできて目立たなくなるという効果が得られます。それではアンダーヘアをどうやって脱色すればいいのかというと、市販されているような脱色剤を使って色を抜いていきますが、お肌への刺激もかなり強いため皮膚のダメージが心配されます。アンダーヘアと言...

うなじに生えているムダ毛を脱色してしまうことで目立たなくするというムダ毛処理方法があります。うなじを脱色するのにかかる時間はだいたい5分から10分くらいになっており比較的短時間で簡単にできてしまうということもあり、この方法を選択してしまう人もそれなりにいることでしょう。しかし、このうなじ脱色は良いムダ毛の処理方法とは言えません。日本人の体毛は黒いため、皮膚と同じ色にしようと思ったら時間もかかるし回...

脇毛を目立たなくする方法に脱色という方法もあります。脇毛の色を薄くしてしまうことで、脇毛が目立たなくすることができるんです。では、どうやって脇毛の色を脱色すればいいのかというと、髪を脱色するときに使う脱色剤を使って、脇毛を薄くするという方法なんです。その処理方法はとても簡単であり、髪の毛を脱色するのとまったく同じ方法でして、脱色剤を脇毛に塗って色が落ちてくるまで時間を置けばいいだけなんです。こんな...

カミソリでムダ毛を処理するという女性は多いでしょう。しかし、剃った後とかにお肌がヒリヒリすることや、痒くなったしまったことはないですか?それはカミソリ負けというものなんです。その原因になっているのはカミソリを使うことでお肌が傷ついてしまっているからなんです。具体的に説明すると、カミソリを使うことで肌の表面にたくさんの細かい切り傷がついてしまっているから、そのようなお肌のトラブルが起こってしまうんで...

ケノンを購入した人の半数が、エステを経験していたというアンケート結果が出ました。これは、2014/02/21〜2014/02/25の期間にケノンを買ったお客様、100人にアンケートを取ってみた結果なのです。エステで脱毛を経験してみても、まだ脱毛をしたいという部分が残っている方や、何か他の理由からエステに行くことをやめてしまった方もいることでしょう。それでも、まだ脱毛を続けたいと思っている人が、ケノ...

ちん毛に除毛クリームを使用して毛を処理しようとしたら、お肌まで溶かしてしまうので良くありません。まずは、除毛クリームがどのように除毛しているのかする仕組みを知りましょう。除毛クリームはアルカリ性になっており、そのアルカリで毛を溶かしています。表面から出ている毛のみではなく、中にある毛根まで浸透していき溶かしてしまいます。そのためカミソリのような剃ったあとに見える毛の断面も見えなくなり、仕上がりはキ...

外国ではチンゲをお手入れする男性が、とても多く当たり前のことになっています。先進国で比べてみてもチンゲを剃っていない国は、日本だけになっています。たくさんの国の女性と性行為をしてきたところ、どこの国でもパイパンばかりでした。欧米においては男性でも女性でも両方とも、アンダーヘアをお手入れすることはエチケットになっていました。チンゲのお手入れをしないのは日本の独自文化なのか、まだ欧米の文化が伝わってな...

1996年にアメリカにおいて開発されたのがレーザー脱毛です。それまで主流となっていた針脱毛とは全然違う特徴を持っている脱毛方法になっています。レーザーを使うことでムダ毛の毛根部分を破壊してしまうことで、毛を抜き取ってしまうといっしょに、その後にムダ毛が再生してくるのを抑えてしまうことができるんです。それだけではなく、今まで針脱毛を行っていた患者にとって大きなデメリットになっていた痛みの強さや時間が...

胸毛は男性に生えていることが多いですが、日本人の女性からはあまり好まれないムダ毛です。外国人の男性では胸毛の脱毛はもちろんのこと全身を脱毛することはすでにエチケットとなっています。そのため、近頃では胸毛を脱毛するという日本人の男性もどんどん増えてきているんです。胸毛を脱毛する方法には、いろいろな方法があるのですが、日本においては脱毛方法の主流は、レーザーとフラッシュ脱毛がメインになっています。です...

ヒゲのお手入れは男性なら、ほとんどの人が毎日やっていますよね。たいていは電気シェーバーで除毛してると思いますが、毎日剃るのが手間でワックス脱毛でヒゲを抜いてしまいたいと考えたりしませんか?たしかに抜いてしまえば、しばらく生えてこないしメリットはありますよね。しかし、ワックス脱毛をヒゲに使うなんてできるのだろうか?不可能ではないでしょうが、使用条件を満たすのは大変そうですね。ワックス脱毛をするには無...

ワックス脱毛と言ったらブラジリアンワックスなどの言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。ブラジリアンワックスはデリケートゾーンの陰毛を脱毛することなんですが、ワックス脱毛はデリケートゾーン以外のムダ毛も脱毛できて、顔や全身にも使えるようになっています。全身の脱毛部位の中で、襟足(うなじ)は人気が高くなっている部位なんですよ。脱毛をまったくやったことない人ですと、襟足(うなじ)が人気だというのは意外...

襟足や後れ毛が濃くて、髪を上に上げる髪形のときに人目がきになってしまうことがありませんか?職業によっては髪を結んでまとめる必要があったり、着物をよく着る人なんかはうなじを頻繁に見せることにもなりますし、襟足や後れ毛はしっかりとお手入れしておきたい部位ですよね。そこで襟足をレーザー脱毛で処理してしまおうと考える人もいるはずです。たしかにレーザー脱毛は効果も高くて短期間で無駄な襟足を処理できるでしょう...

除毛クリームを使ってわき毛をお手入れすることができます。この方法は、わき毛の成分であるケラチンタンパク質を除毛クリームによって分解してしまうという処理方法になります。簡単さと仕上がりの綺麗さで、そこそこ人気があるわき毛処理法として使われていますが、皮膚にかかる負担も大きいことが欠点ですね。ですから、敏感肌の人は避けたほうが良いでしょう。どうしても除毛クリームを使いたいのであれば、敏感肌の人専用の除...

ムダ毛を薄くする効果があるローションがあるのですが、それは抑毛ローションと呼ばれるものです。名前からどんなものかは簡単に想像できるでしょうが、ムダ毛を抑制するローションですね。この抑毛ローションは単体で使うようなことはあまりされず、他の除毛方法と組み合わせることで役に立つものになります。抑毛ローションの機能は、ムダ毛の抑制以外にもムダ毛を徐々にですが薄くする効果もあります。つまり、長期使用で薄毛に...

腹毛が濃くて悩んでいる場合の対処法として何がいいのか迷ってしまいますよね。カミソリで剃る人もいればピンセットで抜いたりする人もいるでしょう。中には脱色で処理する人もいるのではないでしょうか。脱色も腹毛の色を抜くことで目立たなくできます。しかし、脱色はお肌へのダメージも大きい処理方法になるので第一選択肢とは言えないかもしれませんね。お肌が弱い人ならば、赤くなって肌荒れを起しヒリヒリするかもしれません...

胸毛を脱色するという方法で目立たなくすることもできます。胸毛の脱色も髪の脱色と同じ方法で脱色することになります。ですから、ブリーチをすることになります。ブリーチは毛のメラニン色素を抜くことで脱色しています。胸毛を脱色すると、黒い胸毛が金髪になります。そのため目立たなくなり、遠くから見ると毛が生えてることには気づきにくいでしょう。よって脱色すると目立たなくはなるということです。しかし、デメリットもあ...

ギャランドゥと呼ばれる腹毛が生えていては、自慢のムキムキの腹筋も台無しです。筋肉が好きな女性はたくさんいます。キレイに割れた腹筋はとても魅力的なことでしょう。しかし、そこに腹毛が生えていようものなら、かっこいいという評価から一気にキモいという評価に変わってしまうことでしょう。女性は筋肉があって強い肉体に惚れますが、モジャモジャの腹毛は強くもなんともなく気持ちが悪いだけです。さらに、せっかくに腹筋も...

欧米では、光脱毛などのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を主流にすることができない理由があり、その主流にすることができない一番の理由を挙げてみると、それはお肌の色や毛の色によって効果が大きく左右されてしまうからです。この2種類の脱毛の方法について簡単に説明すると、どちらもメラニン色素である黒い、もしくは黒に近くなっている部分に光を照射させて、その部分に光を集中させることで毛を作り出している組織を破壊して...

胸毛は普段衣服で隠れている部分ですから、脱毛剤(脱毛クリーム)での処理でもいいのかもしれませんね。胸を誰かに見られるような機会があるときだけ、急遽胸毛を除去するというのは手間も少なく安上がりですからね。しかし、頻繁に胸を見られるようでしたら、除去作業も大変ですし永久脱毛したほうが楽で助かりますよね。脱毛剤では永久脱毛はできず一時的なものですからね。抑毛効果により胸毛が生えてくるのを遅くするくらいの...

腕毛を脱色するというムダ毛処理法が、若い女性に一時期ですが流行ったことがあり今でも脱色という方法を選んでいる人もいるようですね。ムダ毛が気になる年頃になってくると、女性は友達とムダ毛処理方法について話し合ったりしますよね。まだ、ムダ毛処理初心者の年代ですし、永久脱毛を考える資金的余裕はない女性ばかりですね。この年代の女性の選択肢としては、数百円くらいで済む処理法をいろいろ試す時期だと思います。よく...

背中の毛の処理に脱色をしたいと言う人もいるかもしれないのですが、これってほんとに意味あるのだろうか?はっきり言って私は意味ないと考えています。脱色するくらいなら「ケノン」で背中の毛を脱毛してしまうことをお勧めします。無駄毛処理法の中の1つとして、脱色は位置づけられていますがこれは無駄毛処理というよりも、一種のファッション感覚で使われるものと思います。実際脱色したところで金髪になるだけで、無駄毛はそ...

脇毛剃る男は、全然ありですね。実際にやっている男もいます。男性が脇毛を生やしていても、女性から嫌われるわけではないのですが、無くても嫌われるわけではないのでどちらでも良い毛ですよね。元々脇毛は男性によっては少量しか生えない人います。そのような男性は、脇毛を増やしたいなんてまったく思っていません。つまり、脇毛は無くてもいいんです。だから、これはもう本人の好み次第ですよね。好きなほうを選べば良いのです...

ワキ毛を目立たなくするために脱色で対処しようと考えている人もいるでしょうが、ワキ毛脱色はデメリットが多いのでやめておくべきですよ。ワキ毛脱色をすると、ワキ毛の色が黒から金髪に変わることで目立たなくできるというものなんですが、このメリット以上にデメリットがたくさんあるため意味がないように思えます。ワキ毛脱色とは毛をブリーチすることになるのですが、これはお肌に大きなダメージを与えることになってしまいま...

ヒゲ脱色をしてオシャレをしようと思ってる人はいませんか?今、男性の間での流行りは、脱色ではなくて髭脱毛ですね。脱色を行ってヒゲを明るくするのは、オシャレさんと思う人もいるでしょうがあまり見かけませんね。黒ヒゲを伸ばしてワイルドにする男性なら、けっこういますね。しかし、それも一部の男性がやってるくらいですね。一番多数派はやっぱり清潔感があるヒゲ脱毛ですね。脱毛までいかなくても、電気シェーバーで除毛す...

陰毛を除去する方法として除毛クリームで行うという人は多いでしょうね。確かに仕上がり具合のキレイさや陰毛の除去作業の簡単さを考えたら、ついつい除毛クリームを選びたくなりますよね。しかし、そんなに除毛クリームがおすすめなのだろうか?除毛クリームのメリットとデメリットを考えていきましょう。陰毛の除去に使ってもいい除毛クリームの数は、そんなにたくさんありません。最初にみなさんが悩むこととして、陰毛専用の除...

徐毛クリームを使用すると毛がなくなったように見えなくなります。では、なぜ徐毛クリームを一定の時間つけておくと、毛がなくなってしまうのかその理由をご存知でしょうか?これは体毛と徐毛クリームの成分に深く関係しているんです。毛というのはそもそも大部分がタンパク質によって構成されており、アルカリ性に対してとても弱いという特徴を持っています。そして、徐毛クリームの成分には、アルカリ性の成分をたくさん含んでい...

髭をお手入れすることは、ほぼすべての男性がやってますよね。髭を伸ばす男性もいるにはいるのですが、あくまで少数派です。やはり、剃るのが一番多いお手入れ法になります。これら髭のお手入れ方法の中には、脱色とか脱毛もあります。特に髭脱毛が見た目もさわやかで、清潔感アップするということで人気の髭お手入れ法ですね。髭脱色もあるにはあるのですが、金色に輝く髭は一般の会社員(サラリーマン)では、とてもできないです...

尻毛のように見にくい場所をキレイにしたいときに、手軽であり簡単にムダ毛を処理することができる方法の中に徐毛クリームというものがあります。クリームを塗るだけなら、なかなか見えない尻毛でも簡単に塗れますよね。尻毛以外にも女性ですと毎日全身のムダ毛の処理をして疲れてしまい悩みの種になってしまっている方もいることでしょう。その大変な作業がクリームを塗るだけで終わってしまうというとても簡単なものなんですから...

vラインのお手入れの1つに脱色があります。通常vラインのお手入れと言ったら形を好みのものにして、おしゃれを楽しむという人が多いでしょうが脱色して明るい色にすることでおしゃれをするのもいいですね。髪の毛だって脱色するんですから、vラインの毛だって脱色したいですよね。髪と同じように今ではvラインもオシャレの対象になっているんです。形もスクウェア型、逆三角形、ハート型などオシャレなものがたくさんあります...

脱毛ワックスとは、とろみがあるワックスである抜毛剤をお肌に塗って、一定時間そのままにして置いてその後一気にはがすという脱毛方法です。ニードル脱毛法やレーザー脱毛法と違って、毛根にあるメラニン色素を破壊することがないため2週間から4週間ごとに脱毛ワックスでのお手入れをしなければなりません。しかし、ずっと継続しているとムダ毛が薄くなってくることもあるようです。手軽に脱毛できて仕上がりもとても美しいため...

ニードル脱毛とは、ニードルと呼ばれる針で1本1本のムダ毛の毛穴に対して針を刺し込んで、弱い電気または高周波を流すことで脱毛をする方法のことです。その際に麻酔を使いますがこれは医療行為になるため、エステサロンではこの方法は使えず、施術のときは強い痛みを感じます。確実性については高いのですが、あまりにも痛いため痛さに耐えられなくなり続けることができなくなるケースもたくさんあります。施術をするサイクルの...

ワックス脱毛ならばビキニラインの陰毛を瞬時に除去できるので、夏の海水浴シーズンでも安心できますね。このワックス脱毛の瞬時に毛を無くせるところは、最大のメリットですよね。もしも急遽翌日海水浴に行こうとなっても、間に合うんですから助かりますよね。ワックス脱毛にはシートタイプと塗るタイプがあるようですね。シートタイプですと使用前に温めてから、アンダーヘアに貼るだけみたいですね。手の体温で温めるようですが...

尻毛が生えているととにかく不便で不衛生ですよね!肛門の周りに大量に生えている尻毛を不快に思うという人はたくさんいることでしょう。夏のような暑い季節ですと、汗もたくさんかいてしまいますしムレもひどい状態なんです。ムレている状態ですと臭いも強くなってしまいます。排便をした後に尻毛に排泄物が付いてしまって、なかなかキレイには拭くことも難しいでしょう。何度拭いたとしてもトイレットペーパーに色が付いてくると...

脱毛と除毛の違いを早見表にまとめてみました。お肌のキレイがどのくらい長持ちするのか見てみると、除毛ではどれもすぐに伸びてしまいます。そのため永遠に除毛を頻繁にしなければなりません。しかし家庭用脱毛器のケノンでは毛根のメラニン色素を破壊するため、毛が生えてこなくなります。次にお肌への負担を見ていきますと、ワックスや除毛剤ではお肌を溶かしてしまいますし、毛抜きは毛穴が膨れボツボツになります。カミソリで...

襟足やうなじといった部位のお手入れの際に、除毛クリームでムダ毛処理をしているという人もいることでしょう。ただ塗って洗い流すだけというお手軽感を考えたら除毛クリームは便利ですよね。しかし、皮膚にダメージを与えてしまうため、除毛クリームを使うことはオススメすることはできないです。除毛クリームの仕組みは、毛のたんぱく質を強いアルカリで溶かすという方法でムダ毛を処理しています。ですが、皮膚もたんぱく質であ...

産毛を自己処理する手段として脱色クリームを使うという方法もあります。頻繁にカミソリで剃るのも、お肌がヒリヒリして痛いですし脱色で済ませられるならそれもいいのかもしれませんね。しかし、いったいどのくらい目立たなくできるのか?みなさん気になるところですよね。脱色クリームには敏感肌向けのものや5分という短時間で脱色できるものもあります。そして、脱色剤はお肌に刺激が強いとも言われているので、初心者ならばま...

サンドペーパーとか軽石など、もしくは薄くて丸い器具を使用して摩擦でこすりとるという脱毛方法があります。サンドペーパーは紙やすり状の面を使って皮膚をこすって、摩擦により体のムダ毛をこすり切ってしまうものなんです。この脱毛方法は毛根の奥の毛包を破壊することはなくてムダ毛の途中の部分でねじり取ってしまうため、ムダ毛が細くなって目立たないようになるんです。ですが、強い力で摩擦を加えてしまうとお肌が荒れてし...

オキシフルを使って脱色剤としてムダ毛を脱色してしまう方法は、昔からオーソドックスにやられている方法です。ガーゼにオキシフルをしみこませておきそれでムダ毛を拭いていくと、メラニン色素を酸化するのでムダ毛の色が薄くなって目立たなくなります。市販の脱色剤は、脱毛クリームみたいに、塗っておいてからしばらくの間おいておき、それから取り除くというものが多くなっています。値段もとても安くて、5分前後の時間で効果...

毛の濃い男性ですと、腕毛までも剛毛だったりしますよね。普通の男性だったら、うぶ毛程度しか生えていないのに剛毛の男性ですとすね毛みたいなチリチリの毛が腕に生えていたりします。こんな短い陰毛みたいな毛が腕に生えていたのでは、腕を見せることができないし夏でも半袖の服を着ることができず、つらいですよね。そこで腕毛を目立たなくするために、脱色をする男性もいるかもしれませんが、このムダ毛処理方法は見た目が不自...

脱毛テープとは、自分でムダ毛の処理をするときに使われる粘着性があるテープのことを言います。脱毛ワックスと似たような脱毛方法になるんですが、脱毛テープを貼ってから剥がすことで毛を一気に抜いてしまうタイプの脱毛方法になります。この脱毛方法は簡単なのでお手軽なことがメリットであり、そして一回の処理作業で広範囲のムダ毛を一度に取り去ってしまうことができるんです。さらに、コスト面で見ても非常に安くなっている...

脱毛には「永久脱毛」と言われるものもあれば「一時脱毛」と言われているものもあります。この一時脱毛にはいろいろな方法があるのですが、共通している最大の欠点として、何十年にもわたってムダ毛の処理を続けていかなくてはいけないということが挙げられます。若いうちの10代、20代だけで終わるものではないんです。30代も40代も、50代になっても・・・・・ずっと続けていかなければならないものなんです。どんな処理...

たくさんある無駄毛処理法の中に脱色という方法もあります。脱色で無駄毛処理している人は少ないでしょうが、ボディ用の脱色剤が売られている以上はそれなりに需要があるのでしょう。無駄毛を脱色すると金髪になることで、黒だったころよりは目立たなくもなるでしょうが、脱色するのに時間もかかりますし手間がかかりすぎるわりに目立たなさは剃ったときより優れているわけでもありません。金髪になっても無駄毛自体は生えている状...

ムダ毛処理に剃刀や電動式シェーバー、毛抜きを使う人は多いはずです。これらの安さと手軽さを考えたら、誰だって最初はこれらを使うはずです。しかし、これらのムダ毛処理方法では頻繁に除毛を行うことになってしまうため、毎回処理の度にお肌を傷つけてしまうという結果になります。そのため、よくお肌を確認すると細かい傷はたくさんありますし、ボロボロの状態になってしまっているんです。体の毛自体も通常通りに生え続けます...