お肌 トラブル

お肌のトラブル・悩みなど

お肌のトラブル・悩みなど記事一覧

脱毛を行う際によく利用されるのは、毛抜きやカミソリや脱毛クリーム、そして家庭用脱毛器に、エステサロンなどを使うのが多いのではありませんか?ムダ毛を処理することは恥ずかしいと思い悩んでいる方もいるようで自己処理を選択することも多く、毛抜きやカミソリなどを使う人が多くいるようです。このような自己処理を行う場合は、毛抜きで引き抜いたりカミソリで剃ったりすることでお肌のトラブルになってしまうことがたくさん...

剛毛の悩みは本人にとってはつらいものですよね。あまりにも重症の剛毛ですと、太ももやお腹や背中までみっちり毛に覆われてしまうという状態の人もいますね。このような外見では女性からも、受け入れてもらえないことがよくあるでしょう。女性のほうにも好みがありますし、外見で無理となってしまうこともやむを得ないのでしょう。しかし、このままでは剛毛の人が救われない状況ですよね。これではいけないと思うんです。剛毛の人...

エステサロンで採用されている脱毛方法は、主流としては光脱毛を採用しているところが多いでしょう。この光脱毛なんですがカメラを使ったときのようなフラッシュみたいな熱い光を発生させ、それをお肌に照射していくことで毛がどんどんと抜けていってしまう仕組みになっています。そのため、お肌にこの光を当てていくことが無駄毛処理の作業になってきます。昔はエステサロンで行われていたものに針を使ったもので脱毛を行っていま...

脱毛を行った後に肌に赤みがでてしまうことがお肌のトラブルだと考えている方も中にはいるのかもしれません。しかし、これは脱毛を行った際に発生してくるレーザーなどの熱によるものであり正常なお肌の反応であると言えます。軽めの日焼けになったような状態なんですが、これを放置した状態にしているとシミなどになってしまう場合もありますのでしっかりと対処しておきましょう。医療脱毛を行った際に、その後に出てくる肌に赤み...

色素沈着とは皮膚にある黒ずんでいる部分のことを言います。医療脱毛においては色素沈着については大きく分けると2パターンあるようです。それは、施術を行った部分の皮膚、毛穴が脱毛した後に黒ずんできてしまうケースと、デリケートゾーンの皮膚のように医療脱毛を行う前からすでに黒ずんでいる状態などのケースがあります。これらの改善方法としては複数あるため、まずはその原因をきちんと把握して理解しておきましょう。色素...

埋没毛とは閉じている毛穴の中で毛が生えてしまい、皮下において伸びてしまった状態のことを言います。別な言い方として埋もれ毛などという呼ばれ方もします。皮下において成長を続けており、毛先の形状がよくなかった場合には皮膚内を貫通することもあるんです。これは毛が再生してくる前に毛穴が閉じて埋まってしまうことで起きたり、カサブタなどができることでふさがったりすることで起きてきたりします。よくあるのはムダ毛を...

毛嚢炎とは、毛嚢または毛包とも呼ばれている毛の根本に包まれている部分や毛穴などの部分が、腫れてしまったり化膿してしまったりして赤く腫れてしまい、ニキビみたいな状態になってしまうことを言います。中央あたりの膿をもっている部分が根を張ったみたいに硬くなってきてしまうと、軽度の痛みがでてくる場合があるようです。医療脱毛を行っても処理しきれなかった毛が残ってしまっていたり、施術した後の毛穴などの皮膚状態が...

今までの針脱毛においては痛みが大きな問題になっていました。針脱毛の施術をする場合には、まずは毛穴に針を刺すことになるのですがその刺した瞬間ではなくて、刺した後に針の先から電流を流すことになりその瞬間に強い痛みを感じることになります。その痛みは、電流を流す長さと強さに対して比例して大きな痛みになってきます。そして、電流を流すことで皮膚表面にヤケドをしてしまったり色素沈着などの黒ずみができてしまったり...

レーザー脱毛は、今まで針脱毛をやっていてお肌のトラブルを起こしてしまっていた人にでも安心して使ってもらえるほどに、お肌へのトラブルがなかなか起きないと言われいるんです。しかし、医療用で使われているレーザー脱毛機器ですと医師の資格を持っている人でなければ使用してはいけなくなっているので、それほどまでに出力が高くなってくると、効果もよく得られるのですがその反面、皮膚に赤みがでてしまったり腫れを起こしや...

お肌が敏感肌である方や乾燥肌である方では、生まれつき元々のお肌の性質が弱いため、徐毛クリームをつけたりカミソリで剃ったり毛抜きで引き抜くなどのような刺激がとても強いムダ毛の処理を選択することはやめておいたほうが良いでしょう。お肌へのダメージを考えて優しくて、肌荒れをしないような方法を選択するようにしたほうが良いでしょう。特に女性で敏感肌の人の場合では、男性に比べて皮膚が弱い場合が多いので、たとえ少...

剛毛対策を考えている方はケノンにおまかせください。ケノンならばどんな剛毛にも高い脱毛効果を発揮します。その威力はエステサロン並みとして有名です。巷では「自宅エステ」とまで呼ばれており、自分のお家がまるでエステになったのかと思えるほどです。しかも、エステ並みのものを体験できてその費用は格安ときたもんですから、もうこれはケノン以外に選択肢はないと言ってもいいレベルです。剛毛の方ですとどこで脱毛してもら...

ムダ毛の自己処理をする場合に、カミソリを選ぶと何度も繰り返してずっと処理し続けなければなりません。そのためお肌の負担もかなりのものになってきます。また、徐毛クリームを使ったとしたら、化学反応によって炎症が起きたり痒くなったり肌トラブルで悩むことになってしまう可能性があります。なので自己処理する場合にカミソリや徐毛クリームを使うのはやめておいたほうが良いでしょう。敏感肌の方ならば絶対に使わないほうが...

埋没毛が起きてしまうのはなぜかというとカミソリなどを使って、ムダ毛を剃ったりすると毛穴の周りにある皮膚までも削いで落ちてしまうので、ムダ毛が次に伸びてくるよりも早く、皮膚が再生してしまうことで、毛穴がある部分を上から薄い皮膚が覆ってしまい埋没毛が起きてしまいます。では、ケノンを使ってこの埋没毛までも脱毛できるのかというと、実はケノンで脱毛できてしまうんです。フラッシュ脱毛器は、フラッシュを照射する...

肌トラブルにはたくさんの種類がありますが、その中に埋もれ毛というトラブルがあります。別名「埋没毛」です。これはお肌の中に無駄毛がある状態です。お肌の中を無駄毛が伸びているのを、見て確認することができます。この症状は毛抜きの使用後に発生しやすい症状になります。毛抜きを使ったムダ毛処理では毛根ごとすっぽり抜くことになります。その際、毛の再生期間が少しかかるため、毛穴周辺の皮膚の再生のほうが早くて毛穴が...

体の毛が異常に濃くなってしまったり、本来ならば毛が生えてこないような部分に毛が生えてきてしまう病気が多毛症というものであります。多毛症では、全身に起きてくるものと、局部的に起きてくるものと、または、生まれつきであるものと後天的に起きてくるものなどがあっていろいろな症状のタイプがある無性毛型多毛症があります。そして、ホルモンがアンバランスになってしまった女性に起きてくる男性化型多毛症というものもあり...

人間の体には汗腺というものがあり、エクリン腺とアポクリ腺の2つに分けられています。エクリン腺は全身どこにでもありますが、アポクリ腺は腋窩や乳輪や外陰部などの性器とか限られた部分に存在しています。腋臭症とは思春期になってアポクリ腺の発達により、腋窩に強い臭いが発生することを言います。腋臭症とはワキガとも呼ばれています。この強いワキの臭いに対して、不快感を持っている人もたくさんいます。そして、腋臭症の...

ケノンで脱毛して肌荒れになってしまった方も、何人かいるでしょう。ケノンはお肌にとても優しい脱毛器なんですが、使い方を間違えると肌荒れを起すこともあります。肌荒れを起した方の大部分は間違った使い方をした人がたくさんいるはずです。照射レベルをいきなり10で使い始めたり、1度フラッシュを当てた部分に再びフラッシュを照射してしまったり、脱毛前と後のクーリングパックでの冷却を忘れたりなど正しい使い方をしてい...

敏感肌でムダ毛処理に悩んでいる人はいませんか?除毛クリームやカミソリを使うと、敏感肌ですぐにお肌が赤くなってしまい肌荒れを起すという人もたくさんいますよね。そのような人はケノンでの脱毛に切り替えましょう。ケノンは敏感肌の人でも、安心して使用できるように対策されています。ケノンの照射レベルは10段階設定であり敏感肌が重症という人はレベル1で脱毛しましょう。照射レベル1ならばまずほとんどの人は大丈夫で...

ケノンで脱毛をした後にかゆみがでることもありますが、この原因は照射レベルを高くしすぎて自分のお肌の許容範囲を越えたことによるものです。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のような脱毛方式では、照射レベル次第でよくこのようなことは起きます。私も自分で照射レベルを調整できないエステサロンで脱毛を体験したときは、毎回かゆみがでていました。お肌が弱い人ですとすぐに赤く腫れてかゆくなってしまいます。こうなってしまっ...

ケノン購入を検討している人の中には、肝斑があっても使えるのか疑問を持っている人もいますよね。また、肝斑(かんぱん)自体がいったい何なのかわからない人も多いのではないかと思います。まずは、肝斑とは何のことかを紹介していきます。肝斑はシミの一種なんですが原因は不明となっています。肝斑は専門家でも見極めることは難しく、他のシミと区別をつけにくいシミです。肝斑の特徴を簡単に説明しますと、30〜40代になっ...

ケノンではニキビができている部分へフラッシュを照射することを禁止にしています。ケノンに付いている美顔器のほうを使うのであればニキビがあってもいいのですが、脱毛のほうの光をニキビに使うのはやめましょう。ニキビが治ったあとにできているニキビ痕だったら脱毛の光を当ててもいいのですが、まだニキビが赤くなって炎症しているような状態だったり、触って痛みを感じる状態のときはケノンの使用は完全に禁止です。これはエ...

脱毛業界で活躍しているケノンのことを耳にする人は多いはずです。その中にはアトピー肌の人もいますよね。しかし、アトピー肌の人は普通の人とは違ってお肌が敏感です。そのため、カミソリで剃るのや除毛剤で溶かすのにも苦労してしまい、なかなかムダ毛処理ができませんよね。だったら、ケノンでもアトピー肌では脱毛できないんじゃないかと思ってしまいますよね。しかし、ケノンならアトピーの症状が軽度ならば、使用できます。...

ケノンのようなフラッシュ脱毛器では、その特徴として注意すべきポイントがあります。それは乾燥したお肌にフラッシュ照射をしないことです。乾燥したお肌に、ケノンを使えばいろいろな問題も起きてきます。例えば、乾燥肌がひどいときにケノンでフラッシュ照射したとしても、脱毛効果は十分得られません。ですから、脱毛前後の保湿は当たり前ですし日常的に保湿を怠らないことが理想です。皮膚に潤いが十分ないような場合は、ケノ...

毛孔性苔癬は、別名毛孔性角化症とも呼ばれています。毛孔性苔癬は二の腕に症状が現れることが多い皮膚病ですが、二の腕以外にも肩や太ももなど全身どこでも症状が出る可能性があります。毛穴に角質が充満してしまい、ぶつぶつ状やザラザラ状になってしまう皮膚病です。赤くなったり痒みがでることもありますが、基本的には自覚症状もないので健康面で考えても特に問題のない皮膚病です。見た目が良くないという面で気にしてしまう...

ケノンの販売元には、購入者からお肌のぶつぶつが無くなったという喜びの意見がよく送られてきています。ケノンにはぶつぶつを消す効果があります。しかし、お肌のぶつぶつには、いくつも種類があります。ケノンですべてのぶつぶつを消せるわけではありません。例えば、イボや魚の目のような病気によるぶつぶつは消せません。ですから、ケノンで消せるぶつぶつには、どんなものがあるかを解説していきたいと思います。剃刀などによ...